ちょっとした気遣いも、お医者さんの治療のうち。

1歳3ヶ月の娘が急に熱を出し、迎えに駆けつけた保育園から直行で近くの大阪の血液クレンジングの事なら全てお任せ小児科に行くことに。保育園で夏風邪が流行っていたので、きっともらってしまったのでしょう。

大阪で人工透析をするなら病院で体温計を借りて熱を測ると、39.4℃。初めて高い熱を出したということもあって焦ってしまっていたのですが、先生らしき方が娘の頭をなでて兵庫で訪問の事を「このくらいの熱なら、みんな出すから大丈夫だよ。お父さんもそこまで不安に思わなくていいんですよ」と。少しだけ気持ちに余裕ができたのを覚えています。

その後診察室に入り、診察をしてくださる中でも、「こうやって丈夫になっていくんですよ」「子どもは39℃近い熱を出すことが多いんです。過度に心配しなくても大丈夫です」と、不安な表情の私を安心させるような言葉をかけてくださいました。

治療ばかりがお医者さんの仕事ではなく、患者さんの不安を言葉や態度で取り除くことも大切な仕事なんだと思わされる出来事でした。そのお医者さんには、事あるごとにお世話になり、今では掛かりつけです。
私のかかりつけ医はご近所さんです。慢性的に体調を崩したときに紹介されて行ったのがきっかけでした。待合室も10人ほど座ればいっぱいになるような、小さな病院です。お医者さんは40代後半くらいいつも穏やかな口調で接してくれお話も丁寧に聞いてくれます。不調なときには心細く感じていたので、大きな安心感がありました。回復しつつある時期も減薬することに抵抗感がでてきたら、正直に話すこともでき長期的な視野でこちらのペースに合わせて見守ってくれていました。患者さんに対して暖かで誠実な対応のため診療に時間がかかります。予約制でもあるのですが、予約をしても診察までに1時間くらい待つことが多々ありました。唯一のネックが待つ時間がつらいことです。その際もいったん家に戻ることができ、時間が近づくと電話で教えてくれます。最近は痔になってしまい、恥ずかしくて診察にいくのを躊躇してしまいましたが、かかりつけ医の方の専門でもあったのですべてを見られてしまってもいいかなと思える信頼があったので放置せずに治療ができました。かかりつけ医は言いづらいことをお話できる安心感があります。

お小遣いNET|アフィリエイト相互リンク
|貯蓄|マッサージのリアル口コミ.com
|お家の見直ししま専科
|健康マニアによる無病ライフ
|初値予想|心の童話|童話

|GetMoney|JALカード
|女性向けエステ.com
|住宅リフォーム総合情報
|サプリメント|英語上達の秘訣
|心の童話|ショッピングカート|